「野菜ソムリエ」の資格をとって、わたし変わりました! 体験談

生活が楽しくなった!仕事の幅が広がった!などなど資格を取得してからの様々な体験談をお寄せいただきました。

野菜が愛おしく、食卓が豊かになりました「野菜の魅力」をたくさんの人に伝えたい・・・浅上 洋子さん

「何か資格が欲しいなぁ、『野菜ソムリエ?』おもしろそう。」
「野菜ソムリエ」と私の出会いは、そこから始まりました。
今まで安ければ何でもよかった野菜。でも講座に通っていろんな事を学び、そしてじっくり観察すると1個1個表情豊かでだんだん愛おしい存在に。野菜をたくさん買ってきては観察したり、いろんな料理法を楽しんだりしています。
今では「今日野菜ばっかり、まぁいいか。」そんな日もあります。
今まで「何でこんなに高いんだろう...」と思っていた野菜も、実際に生産者さんのお話を聞いて「そういう訳があったのか...これでもまだ安いくらいなのか」と、理由をそこで初めて知る事ができて、どこの生産者さんも皆さん揃って「アツい」なぁという発見もあります。
ここの野菜たちは「こんなに愛情たっぷりに育てられたんだ」と、ますます私の野菜に対する愛おしさは増していくばかりです。
今は、そういった話を家族に話したりブログで紹介したりと小さな小さな活動だけですが、いつか先輩方のように「野菜の魅力」をたくさんの人に伝えられるようになりたい、そんな夢を持っています。
この資格のおかげで、たくさんの貴重な体験をさせていただき、生産者さんのあついお話が聞け、そして食卓が豊かになり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

知れば知るほど野菜ってすごい、色々な料理にチャレンジ・・・宇田川 絵巳さん

私は今年の四月の試験で、ジュニアマイスターの資格をとりました。
もともと食べることが大好きで、地元静岡のグルメ雑誌のモデルをしたり、
飲食店で仕事をしたりしていましたが、もともと野菜が好きではなかったため野菜の知識がなく、普通にスーパーで特売の野菜を何も考えず選ぶ毎日でした。
今2人子供がいて息子の野菜嫌いを直したいとともに、野菜の選び方や野菜についてもっと知りたいと思い、30才という年齢の節目に野菜ソムリエの資格を取りたいと思いました。

講座へいくようになり、野菜を知れば知るほど「野菜ってすごい」、「野菜って面白いな」と思い、今では、スーパーの野菜売り場で野菜を選ぶときが本当に楽しいです。
旬のフルーツや野菜をどんな風においしく料理したら家族に喜んでもらえるんだろうといつも考えながら、野菜を選び色々な料理にチャレンジしています。
ジュニアマイスターの資格を取得したことで、野菜をさらに好きになるきっかけになったことにとても感謝しています。
これからもっと野菜のことならなんでもわかるような野菜ソムリエになれたらと思います。

 

野菜や果物の世界が大変広く感じるようになりました・・・井上 重美さん

私は会社をリタイア後、以前から興味のあった野菜作りをしておりましたが、テレビ゙で「野菜ソムリエ」のことを知り、早速ジュニアマイスターの資格を取得しました。
資格取得後は、今迄なんとなく食べていた野菜や果物の世界が大変広く感じる様になりました。野菜や果物を見た時、又は食べる時にそれぞれの持つ味、香り、新鮮さ、用途、育ち等々にも気にする様になりました。また、スーパー等へ買い物に行っても以前は特に気にせず野菜や果物の前を通り過ぎていましたが、今では野菜や果物を買う予定がなくとも美味しそうな野菜や果物の個性を見て楽しみながら通る様になりました。

今後はエコである地産地消や有機野菜を切り口にしてもっと野菜や果物を広く深く知り、栽培したり、食したりしたいと思っています。また、マイスターの資格を取得する事も考えています。

 

仕事も青果流通の業界へ転職!食を通して人と社会を繋ぐイベントも開催しています・・・杉浦美紀さん

青果流通業での仕事をする中で産地に入り、農産物のブランド化を進めたり、容器メーカーさんの展示会等、お手伝いなどもしています。シニア野菜ソムリエとして小学生への食育活動も学校と連携し、進めています。また、個人的には青果物を中心とした"食"を通して人と人、文化、社会を繋ぐイベントを行っています。それらを通して、農家の方々との交流も深まり、自分の体験を踏まえて生活者の皆様に情報をお伝えしています。

 

野菜ソムリエになって、人生ががらっと変わった・・・長谷さおりさん

人生ががらっと変わったと言っても過言ではありません。
まずは、受講を決意するまでの自分は、何かやってみたい事があっても「今からでは無理、今の生活では無理」などと自分の制限や可能性を勝手に決め付けていました。お金をまず貯めよう!という所から少しずつ行動し、アルバイトをして溜まったお金で受講、そして受講するからにはマイスター迄は取得すると決めていたので、マイスターまで取得しました。
取得後は野菜ソムリエの仕事をしたい為、これまでの仕事を辞めて、まずはデモンストレーションから地道にやってきました。
最近では野菜ソムリエとしてやってみたい事がどんどん増え、いつのまにか、「やりたいけど無理」と自分の制限を決めつけていた自分では無くなり、何か目標があったら、それに向かって少しずつ情熱をもって挑戦していくようになりました。
それも、色々と励まして下さる仲間や背中を押して下さる先輩ソムリエの皆さんからたくさん刺激を受けているおかげだと思っています。人と人との出会いや繋がりがこんなにも大切な物だったなんて、と野菜ソムリエになってから野菜や果物との関わりだけではなく、大切な事に気づかされた様に思います。これからも出会いを大切に、進化していけるよう、経験や努力を積んでいきたいと思っています。

このほかにも沢山声が届いています!

野菜や果物がとてもかわいい
たくさんの生活者へ野菜果物のすばらしさを伝えていきたい・・・森梢さん
資格をとってからは野菜売り場での滞在時間が長くなり、作った料理の盛り付けが楽しくなりました。
それぞれの野菜や果物を見ながら、栄養のことを考えたり、調理方法を考えたり、いかにきれいにおいしく食べれるかを考えるようになりました。なにより、野菜や果物がとてもかわいく思えます。
これからは、自分自身ばかりではなく、たくさんの生活者へ野菜果物のすばらしさを伝えて行きたいです。
カフェのお客様も増えました
健康や美容にも役立つ野菜料理をどんどん広げたい・・・角ちな美さん
陶芸&オーガニックカフェ寿のオーナーの角と申します。当店は玄米菜食の店なのですが、野菜ソムリエの資格をとってから以前よりお客様に野菜の美味しさが伝わっているような気がしますし、お客様が野菜料理に興味を持って召し上がっておられるように感じます。最近では、当店で野菜料理体験コースもさせていただいておりますが、とても好評でスタッフ一同喜んでおります。野菜の本来の美味しさ、健康や美容にも役立つ野菜料理をどんどん広げたいと思っています。野菜ソムリエの資格をとったことで、少しづつですがお客様も増えてきてるようにも感じてます。
また、時間の合う時にいろんなイベントに参加したいと思っています。ありがとうございました!
野菜ソムリエの資格を活かし
野菜に力を入れているレストランに転職・・・片岡美穂子さん
以前から飲食店で働いているのですが、この資格は趣味として勉強し資格をとりました。その直後の転職活動の際に、せっかくだからと履歴書に資格を記入したところ、面接の方が"野菜のソムリエ"に大変興味を持っていて、面接では9割がその話でみごと受かりました。野菜に力を入れているレストランに配属となり、現在も働いています。先日お店のアンケートで「この店で"野菜のソムリエ"という資格があることを知りました。興味があったので私も勉強して、先日ジュニアの資格をとりました。またお店に来ます。」とコメントをいただいた時は嬉しかったです。
資格を取得してから卸売市場へ転職
食育としても野菜果物の生産から食べ方までを伝えています・・・大橋千珠さん
以前は量販店の青果担当者でした。
(その量販店で私が初めに野菜ソムリエの資格を取得してから、全店の売場長が次々に取得していきました。)週1回野菜ソムリエの恰好で自分の売り場で試食宣伝をしました。しかし、生産のことを聞かれるとわからないことが多かったので川上のことを学びたいと思うようになってきました。ですので、それを機に中央卸売市場(荷受)へ転職しました。
そこでは幼稚園・中学・高校・量販店等で食育を通して生活者に野菜果物の生産から食べ方までを伝えています。教育の現場では出前講座という形で、量販店では月一回旬の野菜果物の食べ方提案と試食宣伝をしています。
現在は子育てで育児休暇をいただいております。
今後は子供の食育を学び生活者に伝えていきたいです。
新規就農を目指して資格を取得
肉類中心の食卓が野菜中心の食卓へ変化し、野菜で事業を展開・・・菅野かおるさん
野菜の知識もなく鍬を持ったことは勿論、土を触ったことすらない夫婦が新規就農を目指すと決めたのは約1年前。私には何が出来るか模索していた時に、野菜ソムリエの資格を知りました。資格を持っていれば役に立つだろう程度の動機でしたが、3ヶ月間の講座終了時にはすっかり野菜ソムリエの存在、野菜果物のパワーに魅了されていました。肉類中心の食卓が野菜中心の食卓へ、スーパーの野菜コーナー滞在時間は2倍になり、特に食べた事のない野菜を見つけると調理法を調べ、機能性をいかした食べ合わせ等を考えるのが楽しみとなりました。野菜ソムリエとの出会いから野菜果物への興味が深くなり、自分達で育てた野菜を使ったカフェや野菜教室が事業展開の1つに加わりました。その第一歩に主人と30坪のクラインガルテンで野菜づくりを始めました。
嫌いだった野菜が大好きに
カフェの開業とともに、野菜の魅力を多くの方に伝えたい・・・南塚学未さん
資格を取得してから野菜が好きになりました。
今までは野菜が嫌いで食べませんでしたが、子供が生まれ食に興味を持ち家庭菜園をはじめました。
それでも、野菜を育てて家族に食べてもらうことは好きでしたが、自分が「食べたい」とは思えませんでした。
しかし、野菜ソムリエの講座を受けてから変わりました。
食も肉・魚から野菜中心になり食事も「ごはん・味噌汁・野菜2種類・漬物・たんぱく質のもの・果物」ときちんと作るようになりました。
講義を受ける度に野菜が好きになり、もっと野菜のことが知りたくなりました。
野菜ソムリエの資格を取得してからはパンやお菓子にも野菜を使うようになり、資格をとる前より3倍は野菜を食べています。
これから「野菜を使ったパンとおやつの教室」をカフェ開業まえにはじめたいと思います。資格を取得してから、野菜が身近になり野菜の魅力を多くの方たちに伝えたくなりました。

”公式メルマガコンテンツ"

無料!野菜ソムリエメルマガ「野菜大好き!」

”協会オリジナルコラム"

野菜ソムリエの資格をとって わたし変わりました! 体験談

”協会モバイルサイト"

”協会モバイルサイト"