自然災害時の対応ついて

当協会では、気象庁から気象に関する警報が発表された場合や、自然災害等に起因して交通機関の運行が停止した場合など、受講生の皆様の安全確保の観点から、当該講座を臨時休講とすることがあります。臨時休講とする場合の基準等は以下のいずれかに該当する場合となります。
※イベント等についても講座基準に準じた判断となります

1.臨時休講の判断基準

  1. 気象に関する警報等が発表された場合
    1. 「特別警報」「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害」等が講座会場となる都道府県で発表された場合
  2. 自然災害等により交通機関が運休した場合
    1. 東京本部(次の双方に該当する場合)
      1. JR山手線が全面運休
      2. JR山手線以外のJR線、主要地下鉄、私鉄各線のうち3路線以上が同時に全面運休
    1. 札幌支社(次のいずれか2路線以上に該当する場合)
      1. JR函館本線(札幌―岩見沢間、札幌―小樽間)の区間運休
      2. JR学園都市線全線が全面運休
      3. JR千歳線(新千歳空港―札幌間)の区間運休
    1. 仙台支社(仙台市内において、次のいずれか2路線以上に該当する場合)
      1. JR東北本線が全面運休
      2. JR仙石線が全面運休
      3. JR仙山線が全面運休
      4. 仙台市地下鉄が全面運休
    1. 名古屋支社(次のいずれか3路線以上に該当する場合)
      1. 名鉄名古屋本線が全面運休
      2. JR東海道本線(岐阜-豊橋間)の区間運休
      3. JR中央本線(名古屋-多治見間)の区間運休
      4. 近鉄名古屋線が全面運休
      5. 名古屋市市営地下鉄が全面運休
    1. 大阪支社(次のいずれかに該当する場合)
      1. JR大阪環状線と大阪市営地下鉄が同時に全面運休
      2. 主要地下鉄、私鉄(阪急電鉄・阪神電鉄・南海電鉄・京阪電車・近鉄)のうち3路線以上が同時に全面運休
    1. 福岡支社(福岡市内において、次のいずれか2路線以上に該当する場合)
      1. 福岡市営地下鉄が全面運休
      2. JR鹿児島線が全面運休
      3. JR筑肥線が全面運休
      4. 西鉄大牟田線が全面運休
      5. 西鉄路線バスが全面運休
  3. その他、講座会場及び周辺の状況により当協会が開講困難と判断した場合
    1. 地域校に関する取扱い
      地域校における臨時休講の判断及び補講等の取扱については、当協会と地域校主宰者との協議の上決定し、受講生の皆様にお知らせいたします。

2.臨時休講の判断時間及び告知方法

  1. 判断時刻
    1. 16:00 - 翌日以降に開講する全ての講座が対象となります。ただし、状況に応じて、16時以降も随時判断を行います。
    2. 講座開講中であっても、急激な天候の悪化による交通機関の混乱が予想される場合は、当協会の判断により講座を休講とする場合があります。
  2. 告知方法
    1. 協会のホームページで告知するとともに、該当する受講生の皆様へは個別にご連絡いたします。
page top

▲ Page TOP